分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク クラウドコンピューティング分野

CloudSpiralとは

 2013 年4 月より大阪大学と神戸大学により、文部科学省の「情報技術人材育成のための実践教育ネットワーク形成事業」である「分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク」( 略称 enPiT )のクラウドコンピューティング分野の一貫として行われる、西日本の様々な大学および大手IT企業と連携して、クラウドコンピューティングの実践的活用ができる人材教育プログラムです。
 本プログラムは、関西圏の大学院に在籍する修士1年生を主な対象とし、ほぼ1年間にわたって、クラウドコンピューティングの基礎から応用までを、講義、演習、プロジェクトを通じて学習します。また、夏季集中合宿や分散PBL など、ユニークで実践的な教育形態も取り入れられています。

教育ポリシー

CloudSpiralでは、「クラウド技術を理解し、必要なスキルと知識について他者と議論し、実際のクラウド環境を用いて大規模な処理や効率の良い処理(負荷分散や分散処理等)を提供するアプリケーション・情報システム開発ができるようになる。」という教育ポリシーに基づいたクラウドコンピューティングの実践的活用ができる人材教育を目指します。

実施科目

本プログラムは、関西圏の大学院に在籍する修士1年生を主な対象とし、ほぼ1年間にわたって、クラウドコンピューティングの基礎から応用までを、クラウド開発基礎・クラウド基礎PBL・クラウド開発応用・クラウド発展PBL・クラウド開発演習5つの講義、演習、PBLを通じて学習します。

詳細情報

より詳細な情報につきましては、下記ページをご覧下さい。