分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク クラウドコンピューティング分野

2015年度 CloudSpiral #07

2015年07月16日by

こんにちは!
CloudSpiral2015年度グループB1です.7月3日に行われた授業の様子をお伝えします!
(注:今日から新グループBに代わりました)
b1
午前中は前回に引き続き「ソフトウェアテスト」の講義でした.
今回はデータベースが関係するテストということで、実際にデータベースにアクセスして状態をテストするというものでした.
データベースのテストをするときは毎回データベースを初期化するのでしたね!
このあたりは慣れてきました.フレッシュフィクスチャという言葉も覚えておきたいと思います.
正常系と異常系に分けてテストケースを作るのはもはや言うまでもないですね!
monogoDBに対する便利なテスト用ユーティリティがあるので、夏の合宿まで使い方を忘れないようにしたいと思います.

午前の授業の最後にチームの組み換えが発表され、僕が所属していたA5チームで最後の昼飯に行きました.A5チームのみんな、ありがとう!

午後は新チームでの「Scrum」の授業でした.まずはNTTデータの柴山先生の講義からスタートしました.
現代のIT業界を生き残るには「迅速さ」が必要であり、それの実現にはアジャイル開発、なかでもScrumが有効であるようです.
その他、IT業界のホットな知識をたくさん得ることができました.貴重な講義、ありがとうございました.

その後の井垣先生の講義では、チーム演習を通じてScrumを学びました.マシュマロチャレンジやちょっと変わった七並べ、プランニングポーカー、そして最後に要求を聞き出してリンゴをカットしたりと様々な演習がありました.これらを通じてScrumに必要な自己組織化やその他Scrumに関する用語のイメージを掴むことができたと思います.「Scrumは習得が難しい」と言われていますが、確かにこれらをそつなくこなすにはまだまだ練習が必要そうです.それを体感できただけでも演習の価値があったと思います!

次回の授業は「Scrumとチケット駆動開発」から始まります.
Scrumは奥が深そうですねー!予習して臨みたいと思います!

トラックバック一覧

  1. トラックバックはまだありません。